名古屋市緑区今昔物語の画像
ARTICLES エリアガイド

名古屋市緑区今昔物語

ケラーウィリアムズナゴヤ 不動産エージェントの加藤 和義と申します。

私は名古屋市緑区に在住して50数年になります。

この記事では現代の緑区とその歴史についてご紹介します。

緑区は名古屋市の南東部に位置しており、区の人口は市内16区の中で最多の24.75万人です。

緑区には東西に扇川(おおぎがわ)、南部には大高川(おおだかがわ)が流れ、平地と緩やかな丘陵地で形成され、「緑」の名の通り自然環境に恵まれています。

 2011年(平成23年)に名古屋第二環状自動車道(名二環)とこれに並行する国道302号線の緑区大高町から黒沢台の区間が開通、また名古屋市営地下鉄桜通線が天白区の「野並(のなみ)」駅から緑区東部の「徳重(とくしげ)」駅まで延伸したことで飛躍的に区内外の交通の便が良くなり、現在も名古屋市およびその周辺の通勤者の住宅地域として発展しています。

 名古屋市への編入は1963年(昭和38年)で、名古屋16区の中では比較的新しい区のひとつです。


市制では新しい緑区ですが、実は人が住んだ歴史はかなり古く、石器時代から人が住んだ形跡があり、緑区西部の鳴海(なるみ)と南部の大高(おおだか)から小型の石器が出土しています。

縄文時代には鳴海や大高は海に面しており、海岸近くに人が定住していたことが多数の貝塚や遺跡の発掘調査でわかっています。

 古墳時代には大高の斎山古墳(いつきやまこふん)、鳴海の大塚古墳や赤塚古墳など多数の豪族の墳墓が築造されています。

また、緑区東部の丘陵地(小坂、徳重、乗鞍から亀が洞の一帯)では古窯跡が発見されており、これらの丘陵地の粘土や松の木を採取して須恵器が焼かれ、扇川の水運を使って都に送られていたようです。

 

「古事記」「日本書紀」に記された古代には景行天皇が三河(愛知県の東部)から東の国を従わせるために征伐に向わせた皇子、倭建命・日本武尊(やまとたけるのみこと)の足跡が残っています。

 

この東征の途中で日本武尊は大高の氷上山(ひかみやま)で尾張国を治める豪族の伊那陀宿禰(たけいなだのすくね)・建稲種命(たけいなだねのみこと)の館に立ち寄り宮簀媛命(みやすひめのみこと)を見初めました。海路で東国へ赴き大役を果たして無事に尾張国氷上館(大高)に凱旋し、乎止与命のむすめ宮簀媛命と夫婦となり、氷上館に滞留したと伝えられています。宮簀媛命の没後その館跡には熱田神宮の境外摂社 氷上姉子神社(ひかみあねごじんじゃ)が創建されました。

また、鳴海には天智天皇の時代に日本武尊が東征(とうせい)に舟で出帆し陸路で凱旋した縁起で、当時の鳴海の海岸(鳴海潟)を見下ろす天神山に成海神社(なるみじんじゃ)が創建されました。室町時代に足利氏の武将が天神山に鳴海城・根古屋城(ねごやじょう) を築城するため、成海神社は600m北東にある乙子山(おとごやま)に奉遷(移転)されています。


仏教が伝来した飛鳥時代には寺院が各地で建立され、詳細な文献は残っていませんが、発掘により緑区の大高と鳴海には寺(大高廃寺、鳴海廃寺)があったことがわかっています。

 

大化改新(646年)によって日本中に国郡里制が布かれ、愛知県の西部は「尾張国」と名付けられました。尾張国は愛知・山田・ 春部・丹羽・葉栗・中島・海部・知多の8郡から成り、鳴海、大高、有松は愛知郡成海郷(なるみごう)になりました。

 

「平家物語」には古鳴海宿(こなるみしゅく、鳴海より北、天白区野並の南の地域)の遊女が都の高官と親しくした物語が残されており、平安朝末期には当時の古鳴海には旅籠があり繁栄したようです。

この頃には次第に古鳴海より野並を抜けて熱田の宮に向かう内陸部の街道より近道の、鳴海潟(なるみがた)と呼ばれた海岸線を通り南区笠寺の丘陵地を経て熱田の宮に向かう街道が多く使われるようになりました。

この海岸沿いの街道は河川による土砂が海岸に堆積して出来てきましたが、依然として海の引き潮のときに利用できる道であるため、鳴海潟は交通の難所であり、当時の旅人を悩ませました。

そのため平安時代から鎌倉時代にかけての鳴海について詠んだ和歌には風景だけでなく通行の不安が表現されています。

 

いかでわれ 心をだにもやりてしか遠くなるみのうらみがてらに     小野小町

恋せよと鳴海のうらの汐ひがた かたおもひにぞ しをれわびぬる    後鳥羽院

哀れなり 何となるみのはてなれば またあくがれの浦つたふらん    藤原光俊

祈るぞよ 我おもふこと鳴海がた さしひく汐も神のまにまに      阿仏尼

鳴海潟汐の満干の度ごとに 路踏みかふる浦の旅人           宗良親王

鳴海潟夕なみ千鳥立かへり 友呼続の浜になくなり           厳阿上人

 

鎌倉幕府が開かれ鎌倉街道を通行する旅人が頻繁に往来する以前から、既に多くの旅人が鳴海を通っていましたが、この当時は古鳴海が緑区の中心であり続けていました。

 

飛鳥時代から奈良時代にかけての名僧の行基は、民衆への仏教の布教のため諸国を遊説したコースを山城から東方への道として「東海道」(古東海道)と「東山道」の二つの道を日本地図(行基図)に描きました。東海道は、伊賀・伊勢・志摩・尾張・参河・ 遠江・駿河・伊豆・甲斐・相模・武蔵・安房・上総・下総・常陸を通る道であり、東山道は、近江・美濃・ 飛騨・信濃・上野・下野・陸奥を通る道です。

 

源頼朝が征夷大将軍となり鎌倉幕府が正式に成立すると、 京都と鎌倉とを結ぶ最も重要な街道が必要となり、当時既にあった京と東北をつなぐ複数の道をつないで鎌倉街道としました。

鎌倉街道は東山道より一宮・清州・萱津を経て、現代の名古屋市域を西北から東南に通過し、豊明市の二村山から三河の知立市の八ツ橋へ抜けて東海道につながっていました。

鎌倉街道の名古屋市域の道は、萱津・中村・米野村・露橋村・古渡村・大喜村・高田村・ 桜村で、緑区内は古鳴海・赤塚・池上・相原・石神堂・八ッ松で、後に古鳴海・ 嫁ヶ茶屋・赤塚・文木・宿地・相原郷・石神堂・八ッ松から二村山へ抜ける道ではなかったかと推定されています。

(この続きは次回、戦国時代から…あの桶狭間の戦いに関する史跡について)


~おまけ

緑区の出べそみたいな(笑)標高34.79mの高台「滝の水公園」の頂上からの遠景を一部ご紹介します。

滝の水公園頂上はこのように石畳になっていて360度のパノラマを楽しむことができます。

名古屋港を東西に横断する伊勢湾岸道の3つの斜張橋「名港トリトン」

名古屋駅前の高層ビル群(ケラー・ウィリアムズ・ナゴヤのオフィスがある大名古屋ビルヂングもこの中にあります)

遥か西には鈴鹿山脈



CONTACT

Name|氏名*
Name|氏名(カナ)*
Phone Number|電話番号*
Email|メールアドレス*
Email|メールアドレス(確認用)*
Inquiry|お問い合わせ内容*
Privacy policy|
プライバシーポリシー*

エージェント・グロース株式会社(以下「当社」といいます。)は、個人情報保護の重要性について認識し、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)を遵守すると共に、以下のプライバシーポリシー(以下「本プライバシーポリシー」といいます。)に従い、適切な取扱い及び保護に努めます。なお、本プライバシーポリシーにおいて別段の定めがない限り、本プライバシーポリシーにおける用語の定義は、個人情報保護法の定めに従います。

1. 個人情報の定義
本プライバシーポリシーにおいて、個人情報とは、個人情報保護法第2条第1項により定義される個人情報を意味するものとします。

2. 個人情報の利用目的
2.1 当社は、個人情報を以下の目的で利用いたします。
(1) 「Keller Williams」又は「KW」(Keller Williamsを意味します。)という用語が含まれた商標(以下「KWブランド」といいます。)を利用して当社が行う不動産売買及び賃貸に関するサービスその他の当社が運営するサービス(以下総称して「当社サービス」といいます。)の提供のため
(2) 当社サービス及び当社がKWブランドのライセンスを行う対象となる事業者(サブライセンシー。以下「KW加盟店」といいます。)におけるサービスに関するご案内、お問い合せ等への対応のため
(3) 当社の商品、サービス等のご案内のため
(4) 当社サービスに関する当社の規約、ポリシー等(以下「規約等」といいます。)に違反する行為に対する対応のため
(5) 当社サービスに関する規約等の変更などを通知するため
(6) サービス利用の状況等に関する情報を分析して当社のサービスの改善、新サービスの開発等に役立てるため
(7) ①KWブランドのライセンサー(以下「KWライセンサー」といいます。)、②KWブランドを使用する第三者及び③KWブランドを使用するサービスの管理に関わる第三者(いずれも外国に所在する場合を含みます。)に対し個人情報((i)当社サービスにおける顧客に関する情報、(ii)物件情報、及び(iii)KWエージェントに関する情報を含みます。)を提供するため。なお、KWエージェントとは、KW加盟店の業務に従事する個人を意味します。また、顧客に関する情報は、当該顧客に関する情報のうち、物件情報を除く部分を意味します。
(8) 当社サービスを介して販売等が行われる物件に関する情報について、当社、KWライセンサー、その他KWブランドを利用して事業を行う事業者のポータルサイト、ウェブ広告、その他インターネット上において公開するため
(9) 雇用管理及び社内手続のため(役職員の個人情報について)、並びに人材採用活動における選考及び連絡のため(応募者の個人情報について)
(10) KWエージェント並びに当社及びKW加盟店の役職員に関する情報に関して、当該情報を当社又はKWライセンサーが運営するウェブサイト(当社又はKWライセンサーから委託を受けた第三者によって運営されるウェブサイトを含み、当該ウェブサイトが一般向けに公開される場合を含みます。)上に掲載するため
(11) 株主管理、会社法その他法令上の手続対応のため(株主、新株予約権者等の個人情報について)
(12) 当社のサービスを通じて実施された不動産に関する取引の実績について、個人を識別できない形式に加工した統計データを作成するため
(13) その他、上記利用目的に付随する目的のため

2.2 第2.1項第7号に基づいて個人情報の提供を受けた第三者は、当社サービスに関連する運営、サービスの利用状況等を分析した情報を用いたシステムの改善及び開発並びにマーケティング、宣伝又は広告等を行う目的で、個人情報を利用いたします。但し、個人情報の主体である個人(以下「本人」といいます。)が、これらの利用目的で個人情報を利用することについて同意を撤回し又は異議を述べた場合には、当社はただちにその旨を当該第三者に通知するものとします。

3. 個人情報利用目的の変更
当社は、個人情報の利用目的を関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更することがあり、変更した場合には本人に通知し又は公表します。

4. 個人情報利用の制限
4.1 当社は、個人情報保護法その他の法令により許容される場合を除き、本人の同意を得ず、利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱いません。但し、次の場合はこの限りではありません。
(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(5) 学術研究機関等に個人データを提供する場合であって、当該学術研究機関等が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除きます。)。

4.2 当社は、違法又は不当な行為を助長し、又は誘発するおそれがある方法により個人情報を利用しません。

5. 個人情報の適正な取得
5.1 当社は、適正に個人情報を取得し、偽りその他不正の手段により取得しません。

5.2 当社は、次の場合を除き、あらかじめ本人の同意を得ないで、要配慮個人情報(個人情報保護法第2条第3項に定義されるものを意味します。)を取得しません。
(1) 第4.1項第1号から第4号までのいずれかに該当する場合
(2) 学術研究機関等から要配慮個人情報を取得する場合であって、当該要配慮個人情報を学術研究目的で取得する必要があるとき(当該要配慮個人情報を取得する目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除きます。)(当該個人情報取扱事業者と当該学術研究機関等が共同して学術研究を行う場合に限ります。)
(3) 当該要配慮個人情報が、本人、国の機関、地方公共団体、学術研究機関等、個人情報保護法第57条第1項各号に掲げる者その他個人情報保護委員会規則で定める者により公開されている場合
(4) 本人を目視し、又は撮影することにより、その外形上明らかな要配慮個人情報を取得する場合
(5) 第三者から要配慮個人情報の提供を受ける場合であって、当該第三者による当該提供が第8.1項各号のいずれかに該当するとき

5.3 当社は、第三者から個人情報の提供を受けるに際しては、個人情報保護委員会規則で定めるところにより、次に掲げる事項の確認を行います。ただし、当該第三者による当該個人情報の提供が第4.1項各号のいずれかに該当する場合又は第8.1項各号のいずれかに該当する場合を除きます。
(1) 当該第三者の氏名又は名称及び住所、並びに法人の場合はその代表者(法人でない団体で代表者又は管理人の定めのあるものの場合は、その代表者又は管理人)の氏名
(2) 当該第三者による当該個人情報の取得の経緯

6. 個人情報の安全管理
当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などのリスクに対して、個人情報の安全管理が図られるよう、当社の従業員に対し、必要かつ適切な監督を行います。また、当社は、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。当社の保有個人データに関する具体的な安全管理措置の内容は、以下のとおりです。

基本方針の策定
個人データの適正な取扱いの確保のため、「関係法令・ガイドライン等の遵守」、「質問及び苦情処理の窓口」等についての基本方針として、本プライバシーポリシーを策定

個人データの取扱いに係る規律の整備
取得、利用、保存、提供、削除・廃棄等の段階ごとに、取扱方法、責任者・担当者及びその任務等について個人データの取扱規程を策定

組織的安全管理措置
1)個人データの取扱いに関する責任者を設置するとともに、個人データを取り扱う従業者及び当該従業者が取り扱う個人データの範囲を明確化し、法や取扱規程に違反している事実又は兆候を把握した場合の責任者への報告連絡体制を整備
2)個人データの取扱状況について、定期的に自己点検を実施するとともに、他部署や外部の者による監査を実施

人的安全管理措置
1)個人データの取扱いに関する留意事項について、従業者に定期的な研修を実施
2)個人データについての秘密保持に関する事項を就業規則に記載

物理的安全管理措置
1)個人データを取り扱う区域において、従業者の入退室管理及び持ち込む機器等の制限を行うとともに、権限を有しない者による個人データの閲覧を防止する措置を実施
2)個人データを取り扱う機器、電子媒体及び書類等の盗難又は紛失等を防止するための措置を講じるとともに、事業所内の移動を含め、当該機器、電子媒体等を持ち運ぶ場合、容易に個人データが判明しないよう措置を実施

技術的安全管理措置
1)アクセス制御を実施して、担当者及び取り扱う個人情報データベース等の範囲を限定
2)個人データを取り扱う情報システムを外部からの不正アクセス又は不正ソフトウェアから保護する仕組みを導入

外的環境の把握
個人データを保管しているA国における個人情報の保護に関する制度を把握した上で安全管理措置を実施

7. 漏洩時の報告等
当社は、当社の取り扱う個人情報の漏洩、滅失、毀損等の事態が生じた場合において、個人情報保護法の定めに基づき個人情報保護委員会への報告及び本人への通知を要する場合には、かかる報告及び通知を行います。

8. 第三者提供
8.1 当社は、第4.1項各号のいずれかに該当する場合を除くほか、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。但し、次に掲げる場合は上記に定める第三者への提供には該当しません。
(1) 利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部又は一部を委託することに伴って個人情報を提供する場合
(2) 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
(3) 第9項の定めに基づき共同利用する場合

8.2 第8.1項の定めにかかわらず、当社は、第4.1項各号のいずれかに該当する場合を除くほか、外国(個人情報保護法第28条に基づき個人情報保護委員会規則で指定される国を除きます。)にある第三者(個人情報保護法第28条に基づき個人情報保護委員会規則で指定される基準に適合する体制を整備している者を除きます。)に個人情報を提供する場合には、あらかじめ外国にある第三者への提供を認める旨の本人の同意を得るものとします。

8.3 第8.2項に基づき外国にある第三者への提供につき本人の同意を得る場合、以下の事項について本人に情報を提供するものとします。但し、第1号の事項が特定できない場合、第1号及び第2号の事項に代えて、第1号の事項が特定できない旨及びその理由、並びに当該事項に代わる本人に参考となるべき情報があれば当該情報を提供するものとします。
(1) 当該外国の名称
(2) 当該外国における個人情報の保護に関する制度に関する情報
(3) 当該第三者が講じる個人情報の保護のための措置に関する情報(当該情報を提供できない場合は、その旨及びその理由)

8.4 当社は、個人情報を第三者に提供したときは、個人情報保護法第29条に従い、記録の作成及び保存を行います。

8.5 当社は、第三者から個人情報の提供を受けるに際しては、個人情報保護法第30条に従い、必要な確認を行い、当該確認にかかる記録の作成及び保存を行うものとします。

8.6 当社は、個人情報を第三者に提供した第三者から、個人情報の第三者提供及び提供された個人情報の利用方法について本人の同意を取得したことを証する記録を提出するように求められた場合、当該第三者に対し当該記録を提出することがあります。

9. 共同利用
9.1 当社が運営するウェブサイトの問合せフォームから当社に連絡を行ったお客様から取得した情報に関して、当社は、KW加盟店との間で、下記の通り、個人情報を共同利用します。以下、KW加盟店は、当社が運営する下記のウェブサイト上で、KW加盟店として掲載されている事業者を意味するものとします。
https://kellerwilliams.jp/kamei-ten/
(1) 共同して利用される個人情報の項目
(i) 当社が運営するウェブサイトの問合せフォームから当社に連絡を行ったお客様の氏名、メールアドレス、その他当該連絡に含まれる個人情報
(ii) お客様が当社サービスを介して売買又は賃貸借することを希望される物件(物件の持分も含む。)についての情報
(2) 利用する者の利用目的
(i) 前号(i)の情報については、当社又はKW加盟店(KWエージェント及びKW加盟店の役職員を含みます。)から前号(i)に定めるお客様に対して連絡を行うこと。
(ii) 前号(ii)の情報については、KW加盟店(KWエージェント及びKW加盟店の役職員を含みます。)において、物件についての営業活動、及び売買又は賃貸借に向けた仲介業務を行うこと。
(3) 上記個人情報の管理について責任を有する者の名称、住所及び代表者氏名
エージェント・グロース株式会社(但し、KW加盟店(KWエージェント及びKW加盟店の役職員を含みます。)がお客様に対して連絡を行った場合は、当該KW加盟店が責任を有するものとする。)
東京都港区虎ノ門一丁目17番1号
代表取締役 山本豪

9.2 当社は、KWエージェント及びKW加盟店の役職員に関する情報に関して、当該個人が所属する加盟店以外のKW加盟店を含む全KW加盟店との間で、下記の通り、個人情報を共同利用します。
(1) 共同して利用される個人情報の項目
KWエージェントに関する、氏名、生年月日、性別、電話番号、電子メールアドレス、顔写真等の情報
(2) 利用する者の利用目的
業務上又は緊急時の連絡(物件の問い合わせを含みます。)、金銭の支払い、法令上要求される諸手続きへの対応、会社案内等への掲出、その他これらの事項に付随する目的
(3) 上記個人情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称、住所、代表者名等
本人が所属する各KW加盟店の個人情報保護方針に記載の通り。

10. 個人情報の開示
10.1 当社は、本人から、個人情報保護法の定めに基づき個人情報の開示を求められたときは、本人ご自身からのご請求であることを確認の上で、本人に対し、遅滞なく開示を行います(当該個人情報が存在しないときにはその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が開示の義務を負わない場合は、この限りではありません。

10.2 前項の定めは、本人が識別される個人情報にかかる、第8.4項に基づき作成した第三者への提供にかかる記録及び第8.5項に基づき作成した第三者からの提供にかかる記録について準用するものとします。

11. 個人情報の訂正等
当社は、本人から、個人情報が真実でないという理由によって、個人情報保護法の定めに基づきその内容の訂正、追加又は削除(以下「訂正等」といいます。)を求められた場合には、本人ご自身からのご請求であることを確認の上で、利用目的の達成に必要な範囲内において、遅滞なく必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の内容の訂正等を行い、その旨を本人に通知します(訂正等を行わない旨の決定をしたときは、本人に対しその旨を通知いたします。)。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が訂正等の義務を負わない場合は、この限りではありません。

12. 個人情報の利用停止等
当社は、本人から、(1)本人の個人情報が、あらかじめ公表された利用目的の範囲を超えて取り扱われている、若しくは違法若しくは不当な行為を助長し、若しくは誘発するおそれがある方法により利用されているという理由により、又は本人の個人情報が偽りその他不正の手段により取得されたものであるという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用の停止又は消去(以下「利用停止等」といいます。)を求められた場合、(2)個人情報がご本人の同意なく第三者に提供されているという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその提供の停止(以下「提供停止」といいます。)を求められた場合、又は(3)当社が本人の個人情報を利用する必要がなくなった場合、本人の個人情報にかかる個人情報保護法第26条第1項本文に規定する事態が生じた場合その他本人の個人情報の取扱により本人の権利又は正当な利益が害されるおそれがある場合に該当するという理由により、個人情報保護法の定めに基づきその利用停止等又は提供停止を求められた場合において、そのご請求に理由があることが判明した場合には、本人ご自身からのご請求であることを確認の上で、遅滞なく個人情報の利用停止等又は提供停止を行い、その旨を本人に通知します。但し、個人情報保護法その他の法令により、当社が利用停止等又は提供停止の義務を負わない場合は、この限りではありません。

13. 個人関連情報の第三者提供
13.1 当社は、第三者が個人関連情報(個人情報保護法第2条第7項に定めるものを意味し、同法第16条第7項に定める個人関連情報データベース等を構成するものに限ります。以下同じ。)を個人データとして取得することが想定されるときは、第4.1項各号に掲げる場合を除くほか、次に掲げる事項について、あらかじめ個人情報保護委員会規則で定めるところにより確認することをしないで、当該個人関連情報を当該第三者に提供しません。
(1) 当該第三者が当社から個人関連情報の提供を受けて本人が識別される個人データとして取得することを認める旨の本人の同意が得られていること。
(2) 外国にある第三者への提供にあっては、前号の本人の同意を得ようとする場合において、個人情報保護委員会規則で定めるところにより、あらかじめ、当該外国における個人情報の保護に関する制度、当該第三者が講ずる個人情報の保護のための措置その他本人に参考となるべき情報が本人に提供されていること。

13.2 当社は、個人関連情報を第三者に提供したときは、個人情報保護法第31条に従い、記録の作成及び保存を行います。

13.3 当社は、第三者から個人関連情報の提供を受けるに際しては、個人情報保護法第31条に従い、必要な確認を行い、当該確認にかかる記録の作成及び保存を行うものとします。

14. 仮名加工情報の取扱い
14.1 当社は、仮名加工情報(個人情報保護法第2条第5項に定めるものを意味し、同法第16条第5項に定める仮名加工情報データベース等を構成するものに限ります。以下同じ。)を作成するときは、個人情報保護委員会規則で定める基準に従い、個人情報を加工するものとします。

14.2 当社は、仮名加工情報を作成したとき、又は仮名加工情報及び当該仮名加工情報に係る削除情報等(個人情報保護法第41条第2項に定めるものを意味します。以下同じ。)を取得したときは、削除情報等の漏えいを防止するために必要なものとして個人情報保護委員会規則で定める基準に従い、削除情報等の安全管理のための措置を講じるものとします。

14.3 当社は、仮名加工情報(個人情報であるものに限ります。以下本第14.3項において同じ。)について、以下の定めに従います。
(1) 当社は、第4.1項の規定にかかわらず、法令に基づく場合を除くほか、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、仮名加工情報を取り扱いません。
(2) 仮名加工情報についての第3項の適用については、同項中「関連性を有すると合理的に認められる範囲内において変更する」とあるのは「変更する」と、「通知し又は公表します」とあるのは「公表します」と、それぞれ読み替えるものとします。
(3) 当社は、第8.1項から第8.3項までの規定にかかわらず、法令に基づく場合を除くほか、仮名加工情報である個人データを第三者に提供しません。但し、第8.1項各号に掲げる場合は上記に定める第三者への提供には該当しません。
(4) 当社は、仮名加工情報を取り扱うに当たっては、当該仮名加工情報の作成に用いられた個人情報に係る本人を識別するために、当該仮名加工情報を他の情報と照合しないものとします。
(5) 当社は、仮名加工情報を取り扱うにあたっては、電話をかけ、郵便若しくは信書便により送付し、電報を送達し、ファックス若しくは電磁的方法を用いて送信し、又は住居を訪問するために、当該仮名加工情報に含まれる連絡先その他の情報を利用しないものとします。
(6) 仮名加工情報については、第7項及び第10項から第12項までの規定を適用しないものとします。

14.4 当社は、仮名加工情報(個人情報であるものを除く。以下本第14.4項において同じ。)について、以下の定めに従います。
(1) 当社は、法令に基づく場合を除くほか、仮名加工情報を第三者に提供しません。但し、第8.1項各号に掲げる場合は上記に定める第三者への提供には該当しません。
(2) 当社は、仮名加工情報の漏洩などのリスクに対して、仮名加工情報の安全管理が図られるよう、当社の従業員に対し、必要かつ適切な監督を行います。また、当社は、仮名加工情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、委託先において個人情報の安全管理が図られるよう、必要かつ適切な監督を行います。
(3) 当社は、仮名加工情報を取り扱うに当たっては、当該仮名加工情報の作成に用いられた個人情報に係る本人を識別するために、削除情報等を取得し、又は当該仮名加工情報を他の情報と照合しないものとします。
(4) 当社は、仮名加工情報を取り扱うにあたっては、電話をかけ、郵便若しくは信書便により送付し、電報を送達し、ファックス若しくは電磁的方法を用いて送信し、又は住居を訪問するために、当該仮名加工情報に含まれる連絡先その他の情報を利用しないものとします。

15. 匿名加工情報の取扱い
15.1 当社は、匿名加工情報(個人情報保護法第2条第6項に定めるものを意味し、同法第16条第6項に定める匿名加工情報データベース等を構成するものに限ります。以下同じ。)を作成するときは、個人情報保護委員会規則で定める基準に従い、個人情報を加工するものとします。

15.2 当社は、匿名加工情報を作成したときは、個人情報保護委員会規則で定める基準に従い、安全管理のための措置を講じます。

15.3 当社は、匿名加工情報を作成したときは、個人情報保護委員会規則で定めるところにより、当該匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目を公表します。

15.4 当社は、匿名加工情報(当社が作成したもの及び第三者から提供を受けたものを含みます。以下別段の定めがない限り同様とします。)を第三者に提供するときは、個人情報保護委員会規則で定めるところにより、あらかじめ、 第三者に提供される匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目及びその提供の方法について公表するとともに、当該第三者に対して、当該提供に係る情報が匿名加工情報である旨を明示します。

15.5 当社は、匿名加工情報を取り扱うに当たっては、匿名加工情報の作成に用いられた個人情報に係る本人を識別するために、(1)匿名加工情報を他の情報と照合すること、及び(2)当該個人情報から削除された記述等若しくは個人識別符号又は個人情報保護法第43条第1項の規定により行われた加工の方法に関する情報を取得すること((2)は第三者から提供を受けた当該匿名加工情報についてのみ)を行わないものとします。

15.6 当社は、匿名加工情報の安全管理のために必要かつ適切な措置、匿名加工情報の作成その他の取扱いに関する苦情の処理その他の匿名加工情報の適正な取扱いを確保するために 必要な措置を自ら講じ、かつ、当該措置の内容を公表するよう努めるものとします。

16. Cookie(クッキー)その他の技術の利用
当社のサービスは、Cookie及びこれに類する技術を利用することがあります。これらの技術は、当社による当社のサービスの利用状況等の把握に役立ち、サービス向上に資するものです。Cookieを無効化されたいユーザーは、ウェブブラウザの設定を変更することによりCookieを無効化することができます。但し、Cookieを無効化すると、当社のサービスの一部の機能をご利用いただけなくなる場合があります。

17. お問い合わせ
開示等のお申出、ご意見、ご質問、苦情のお申出その他個人情報の取扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願い致します。
個人情報取扱事業者の名称、住所及び代表者氏名
〒105-0001 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号
エージェント・グロース株式会社  
代表取締役社長 山本豪
個人情報お問合せ担当
E-mail:kwjapan@kwj.jp
(なお、受付時間は、平日9時から17時までとさせていただきます。)

18. 継続的改善
当社は、個人情報の取扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本プライバシーポリシーを変更することがあります。

【2022年4月1日改訂】

OUR SERVICE

ケラー・ウィリアムズでは、
世界規模のネットワークを活用し、国内外の
不動産情報を ご紹介しています。

お客様の利益を最大化することを常に考え、KWエージェントが、お
客様のニーズに合わせた良質なサービスをご提供します。

COMPANY NEWS

Keller Williams が誕生した背景と歴史を知る
KWが誇る独自トレーニング「Boot Camp」とは
どんな仕事も楽しめる人に共通する5つの特徴とは?
朝食がもたらすハイパフォーマンス力!その秘密とは?